メニュー
  1. トップ>
  2. 院長コラム >
  3. はたして医療はよくなったのでしょうか

はたして医療はよくなったのでしょうか

2008年06月26日

医療改革が声高に叫ばれて数年を経ましたが、はたして医療は良くなったのでしょうか。

介護保険が施行されて、家族内で老人を看取りたいという意見は7割から3割に後退したようです。

忙しい・手が足りない・お金が無いなどで介護から遠ざかる発想は人の心まで都合により曲げてしまう現代人の御都合主義が前面に出てきた世相のあらわれで、合理主義・物質主義が社会を豊かに出来るのか、もう気付く時期に来ているのではないでしょうか。

医療現場の様変わりを感じる今日この頃です。

▲ページの先頭へ